読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散財日記

散財の記録

ル・ボナーの別製文庫本カバー

ステーショナリー

circleofcircus.com

昨日に続き、サークルさんの3周年記念アイテムの紹介ということで文庫カバーです。5種類ありましたが、そのうち入手困難なデッドストックの革を選びました。

 

まずは、すでに廃業している日本のタンナー「TEIKA」の革。ル・ボナーさんが世界一の日本製の革だ、と評価していましたが、市場原理により悲しい結末を迎えました。

f:id:akiramei:20170319132105j:plain

f:id:akiramei:20170319131250j:plain

f:id:akiramei:20170319131443j:plain

f:id:akiramei:20170319131426j:plain

 

続いてイタリアのフラスキーニ社の型押しカーフ。もちっとした感触です。今回の中では一番傷に強く実用性が高そう。

f:id:akiramei:20170319132632j:plain

f:id:akiramei:20170319132835j:plain

f:id:akiramei:20170319133037j:plain

f:id:akiramei:20170319132912j:plain

 

最後は、デュプイのロダニール。クロームなめしですが、染料のみの仕上げられていて革の表情が良く出ています。個人的には、今回の革の中ではロダニールが頭一つ抜けているように思います。とても良い革です。

f:id:akiramei:20170319133937j:plain

f:id:akiramei:20170319134123j:plain

f:id:akiramei:20170319134447j:plain

f:id:akiramei:20170319134711j:plain

 

今回の革についてはル・ボナーさんのブログでも触れられています。

デッドストックしている革たちを愛でる - ル・ボナーの一日

デュ、プイのロダニール - ル・ボナーの一日