読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散財日記

散財の記録

大型ショルダーバッグ(アルベルト・マルチネンギ社製)

これまでの鞄は用途を考えて買っていましたが、使い道も考えずに自分の趣味だけで買ったのが、このショルダーバッグ。銀座のnobunozaで買ってきました。

 

大きいフラップ(かぶせ)の付いた鞄に浪漫を感じてしまうんですよねー

f:id:akiramei:20160803222353j:plain

革はALCEレザー。多分、New Overload社の高級なやつ。

 

製作はイタリアでも指折りの鞄工房マルチネンギ。ただ、マルチネンギの真骨頂はトラベルバッグとビジネスバッグなので、そっちも欲しいんだけど高くて手が出ません。

 

フラップをめくるとこんな感じ。ベルトループはギボシ留め。

f:id:akiramei:20160803222646j:plain

 

中は二つに仕切られています。

f:id:akiramei:20160803222712j:plain

 

手前側はiPadが入るポケットとiPhoneが入るポケット。後ろはファスナーポケットがあります。また、内装はコットンになってて軽量化が図られています。

f:id:akiramei:20160803222852j:plain

 

ショルダーベルトは本体と同じ革製。

f:id:akiramei:20160803223344j:plain

 

肩当ても革。サイズは5x18cmです。

f:id:akiramei:20160803223417j:plain

 

次にこの鞄最大の売りであるフラップ。

f:id:akiramei:20160803223643j:plain

ものすごい重量感。せっかく内装をコットンにして軽くしたのが台無しです。多分、このフラップを軽くしていたら、1kgを切っていたんじゃないかしら。

 

反対からも見てみる。

f:id:akiramei:20160803223828j:plain

実用性を度外視した、この革の使い方最高です。ショルダーバッグを使う人が、どこに喜びを感じるかわかってますね。フラップをバサッとさせるたびにワクワクします。

 

このフラップを押さえるバーも革製で分厚いです。

f:id:akiramei:20160803223135j:plain

ちなみに、フラップをベルトやマグネットではなく、このようなバーで留める鞄って他に見たことがありません。珍しいのでは?

 

底鋲は5つ。

f:id:akiramei:20160803223953j:plain

 

個人的には、このような拘りのある鞄が大好きです。ただ、nobunozaさんに聞いたところ、次にショルダーバッグを作るときは形を変えるといってましたし、価格が上がりすぎて、当分はマルチネンギと取引しないようなので、もう見ることは無い鞄になるかも知れません。