散財日記

散財の記録

ネット巡回

ル・ボナーさんのベルトキーホルダー、ブッテーロバージョンが改めて登場です。 | CIRCLE OF CIRCUS(南青山CIRCLE BLOG・サークルブログ)

ベルトキーホルダですが、ブログでも紹介されました。今回からホックがロゴ入りになっています。そういえば、値上げするような話もありましたが、今回は価格据え置き。

 

収穫の秋だからお財布をゲット! ( ライフスタイル全般 ) - FREE HAND バックヤードブログ - Yahoo!ブログ

オイルレザーのラウンドファスナー長財布の紹介。

 

移転セール開催中!! – ラスティカ(rustica)|国内ブランド鞄の『INDEED』直営店

移転セールの案内。8/17-9/24。期間中は日祝営業で水曜日が定休日となります。

 

079話:靴クリームの塗り方でワックスを塗る|ZinRyu (靴師)|note

ワックスを靴クリームのように塗ってみる実験。

 

フルオーダーでお作りさせて頂きました『セカンドバッグ』お財布機能も兼ねています! - エスペディエンテ

少し前にfacebookにもあがっていたセカンドバッグの紹介。

 

ウエストバッグのナスカン取り替えとDカン根革取替修理 | HIS-FACTORY

5年使用したウエストバッグのメンテナンス。

 

ネット巡回

KUON(クオン)が襤褸や裂き織りでベルトを作ると、また面白いことになりました。 | CIRCLE OF CIRCUS(南青山CIRCLE BLOG・サークルブログ)

サークルさんではベルトの制作はしばらくはないと思っていたら、KUONさんのベルトでした。あと、記事にはなっていませんが、オンラインショップにル・ボナーさんのベルトキーホルダーが並んでいますね。

 

真鍮×イタリアンレザーのリング ( 工芸 ) - Rei Leatherブログ - Yahoo!ブログ

真鍮とイタリアンレザーのリング。オンラインショップで販売中。

 

直営店『rusticaラスティカ』閉店のおしらせ |

以前のブログで移転とありましたが閉店となり、新たなイメージのお店を企画中とのこと。革製品は売れているところはありますが基本的に市場は縮小していますので、難しいところ。ダレスのようにカッチリした鞄は売れにくいですし、タンニン鞣しの味のあるものは供給過多ですし…

 

C.O.U.京都店6周年記念・ヒポポタマス(カバ)シリーズについて 1 | Blog/Staff Information|C.O.U.-WILDSWANS(ワイルドスワンズ)直営店

京都店6周年記念アイテムの紹介。今回はヒポポタマスシリーズ。

 

鞄のアトリエ エスペディエンテ - シンプルなフォルムに、 革の質感を存分にお楽しみ頂ける... | Facebook

コードバンとヌメ革の長財布が完成。

 

カンダミサコ:日誌_ノートカバーパターンオーダー

シュランケンカーフのノートカバーが完成。

 

ネット巡回

【新発売】Lファス テックポーチ発売開始のお知らせ | 国立商店BLOG

L字ファスナーのデジタルデバイスを収納するポーチが新発売。革はハードタイプがブライドルレザー、ソフトタイプがヌメ革。

 

二つ折り財布 ( 工芸 ) - Rei Leatherブログ - Yahoo!ブログ

二つ折り財布が完成。革はマイネ。ネットショップで購入可能です。

 

暁工房雑感40

暁工房雑感148

使用経過レポート。19年と4年。

 

暁工房S553

制作した散歩用のショルダーバッグ。趣味とは思えない出来栄え。

暁工房工房72

上記ショルダーバッグの作り方の紹介。とても詳しく書かれています。

 

59年前のトランクケース ラインテック | 兵庫県豊岡市にあるマスミ鞄囊(マスミほうのう)| 創業100年以上の歴史と鞄職人が作る確かな技術。日本製の革製アタッシュケース・本革鞄

59年前のトランクケースがメンテナンスのため里帰り。

 

three2four | 総手縫いオリジナル革製品

8/16 オーダーのノートカバーの紹介の続き。

 

» 10th Curious ② CORBO. コルボ オフィシャルサイト

10周年となるCuriousシリーズの紹介の続き。

 

C.O.U.京都店6周年記念・イングリッシュブライドルシリーズについて 1 | Blog/Staff Information|C.O.U.-WILDSWANS(ワイルドスワンズ)直営店

C.O.U.京都店6周年記念・イングリッシュブライドルシリーズについて 2 | Blog/Staff Information|C.O.U.-WILDSWANS(ワイルドスワンズ)直営店

京都店6周年記念アイテムからブライドルレザーのアイテム紹介。ウィケット&クレイグ社のブライドルレザーで、ブルームが浮かばないブライドルレザーとしては珍しいタイプ。

 

新型トートバッグSサイズ〔試作完成〕 | HIS-FACTORY

新型トートバッグammassare横型〔プエブロ&BUTTERO/クロ〕 | HIS-FACTORY

2種類の新型トートバックの紹介。

 

いたがき京都御池店8周年フェア ~お手入れ修理相談会・手縫い教室開催~

8/25-9/9 京都御池店にて8周年フェア。

 

コードバンについてのお知らせ | 鞄・バッグ・財布 革のフルオーダーメイド オーソドキシー|東京・銀座

10月からコードバンが値上がりみたいです。25%アップとか革工房の方は大変ですね。正直なところ、コードバンは割高過ぎるので、よほどのコードバン好きでなければ、他の革を選んだ方が良いと思います。

眼鏡の新調

akiramei.hatenablog.com

前回の購入から1年4か月ですが、新しい眼鏡を購入。手持ちのが壊れたわけではなく、気分転換だったり。届くのは2週間後くらいかな。EYEVAN 7285のを考えていたのですが、またYELLOWS PLUSになりました。眼鏡がかっこよくても、自分に似合う似合わないがあるので…

 

前回はちょっとググった程度の知識で買いに出かけたので、今回はもう少し気合を入れて調べて行ったんですが、そう簡単に知識は身に付きませんね。形や素材の違いなど見れば分かるものはともかく、ブランド違いの同タイプの眼鏡を見ても、良し悪しがさっぱり。ブランドの個性でなく、差異にしか感じられないんですよね。まぁ、革の時も最初はそんな感じだったので、そのうちなんとかなるかしら…?

手持ちの革

革製品を買い始めて2年になり、色々手持ちが増えたので、全部じゃないけど紹介。ただ、好みの革ばかり選ぶ傾向があるので、数の割に種類が少ないかも。

 

まずは、Alce。2年間ずっと牛革だと思っていて、最近、ヘラ鹿だと知りました。触り心地が良く、そこそこ丈夫。革の魅力を知った切っ掛けだったりして。ただ、日本の職人さんでこの革を使っている人は見たことがありません。良い革なんだけどね。

f:id:akiramei:20180814104123j:plain

f:id:akiramei:20180814105211j:plain

 

リンドス。見た目はAlceに似ていますが、こちらは牛革。初めて触った人は、上品なサラッとした感触に驚くかも。Ciseiで以外で使われているのを見たことがありませんが、一般的な革なのでしょうか。ただ、とても良い革ですが、長く使うと少し面白みに欠けるかも。

f:id:akiramei:20180814201802j:plain

 

シュランケンカーフ。とても丈夫で水にも強く、ずぼらにしてても大丈夫。なのに質も良い完璧超人。少し薄くすると触り心地もアップするのですが、そこは強度との兼ね合い。内縫いの鞄に最適な、良いとこずくめな革なのですが、値上がりが多く、そろそろ割高感も…

f:id:akiramei:20180814105513j:plain

 

ノブレッサカーフ。型押し革の代表格。10年くらい前は、デュプイのチェルケスが有名でしたが品質低下により、すっかりノブレッサカーフに取って代われました。

f:id:akiramei:20180814104842j:plain

 

同じく、型押し革のヴォー・エプソン。某スーパーブランドで使われている革。製造しているタンナーが2社あって、結構、違いがあるので注意。どちらが当たるかはランダム。こっちは、サラッとしています。

f:id:akiramei:20180814104337j:plain

一方、こちら、しっとりとした感じ。

f:id:akiramei:20180814104415j:plain

 

ノブレッサカーフ、ヴォーエプソンとも使われる場面は似通っていますが、個人的な好みだと、しっとりエプソン≧ノブレッサカーフ>サラッとエプソン。ただ、エプソンは運任せになるので、事前に革の確認ができなければノブレッサカーフを選ぶのが無難かも。

 

型押し革をもう一つ。ワインハイマー社のワープロラックス。見た目はノブレッサーとかとそっくりですが、質感は別物。ざっくり言うと、シュランケンカーフをシュリンクではなく、型押しで作った感じ。個人的には理想的な型押しレザー。こちらも扱っている職人さんは少なめ。

f:id:akiramei:20180814102021j:plain

 

クリスペルカーフ。カーフの最高峰の一つ。見ての通り、横に走る水シボと呼ばれるシボが特徴的。大変良い革なのですが、手持ちのはちょっとハズレロットを引いた気がしています。以前、見せてもらったクリスペルカーフは艶が物凄かったんですよね…

f:id:akiramei:20180814202304j:plain

 

ブッテーロ。ダレスとかかっちりした鞄に向いた革。そこまで高価ではないけど、品質は良いです。コスパという言葉は好きではありませんが、価格と質のバランスが取れています。ただ、私は不思議と縁がなく、手持ちが内装で使われているものだけだったり。

f:id:akiramei:20180815181921j:plain

 

ドラーロ。ブッテーロに型押しした革。知名度は圧倒的にブッテーロなので、百貨店なんかでは、ドラーロの名前を出さずに型押しブッテーロなんて紹介になっていることも(そこはちゃんと説明してほしい)。ブッテーロよりも艶がでるので、財布や小物だとこちらの方が良いかも知れません。

f:id:akiramei:20180814104050j:plain

 

イタリアンレザーと言えば、ブッテーロと対になって名前が上がるミネルバ。そのスムースレザーの方のミネルバ・リスシオ。知名度的にはシボ革のミネルバ・ボックスの方が高いかな。良くエイジングする革でファンも多いのですが、私がエイジングにほとんど興味がないため、あまりチェックしていないです。

f:id:akiramei:20180814111101j:plain

 

黒一色で分かりにくいですがコードバン。これは国産の。世間的に大人気なコードバンですが、革の表情が感じられないので、個人的にはあんまり…

f:id:akiramei:20180814102819j:plain

 

こちらは、ホーウィン社のシェルコードバンコードバンなら、これとかオイルコードバンのように多少ムラがある方が好み。ただ、コードバンは値上がりが甚だしく、今のお値段だと象革に手が届くんですよね…

f:id:akiramei:20180814110248j:plain

 

印伝。これまでの革とは、ちょっと毛色が違いますが、鹿革に漆で模様を付けたもの。和風なアイテムに似合います。

f:id:akiramei:20180814110910j:plain

 

黒桟革。こちらも革+漆ですが、こちらは模様ではなく、シボに漆を付けたもの。個人的には、日本の革ではこれが一番評価が高いです。暗いところで人工の光が入るととても美しい。

f:id:akiramei:20180815171839j:plain

 

アメ豚。毛穴が特徴的な豚革です。豚革は、世界に通用する日本の革の一つなのですが、肝心の日本ではあまり評価が高くない気がします。軽くて丈夫で内装には持って来いです。

f:id:akiramei:20180814111942j:plain

 

象革。ワシントン条約で規制されていますが、数を絞って入手可能。あまり近くで見ることがないと思いますが、じつは、ツブツブになっていたり。

f:id:akiramei:20180814105857j:plain

象革は部位ごとに見た目が違っていて、一般的な象革のイメージだと、こちらのように皺が多いものかと思います。

f:id:akiramei:20180814110010j:plain

 

高級革の代名詞のクロコダイル。斑が特徴的で型押しの柄になることも多いです。見た感じ、硬質な印象を受けますが、良いものだと意外と柔らかかったりします。

f:id:akiramei:20180814110610j:plain

ヌバッククロコ。クロコを起毛するなんて、贅沢すぎるし勿体ないと思いましたが、触り心地が良く、雰囲気もとても良いので、これはこれでアリ。ちなみに、使い込むと普通のクロコのように艶が出つつ、触り心地はそのままという完璧なものになるので、育てるのが楽しみです。

f:id:akiramei:20180814110348j:plain

 

栃木レザー。栃木レザーと言っても、原皮もレシピも色々あります。これは、ピット槽に45日とか漬けていた時代のもの。触っていて飽きの来ない良い革ですが、今はもう、こんなにコストをかけて鞣すことはないでしょうね…

f:id:akiramei:20180814205331j:plain

 

イカのヌバック。廃業した日本のタンナーの革。好みというより、コレクションとして入手。

f:id:akiramei:20180814203254j:plain

 

フラスキーニ社の昔の型押しカーフ。もちっとした感触と敷石?のような型押しが特徴的。これもコレクション。

f:id:akiramei:20180814202653j:plain

 

ロダニール。10年以上前のデュプイのカーフ。クロム鞣しですが、トラとか革の表情ががっつり残っていて良いです。

f:id:akiramei:20180814203416j:plain

 

プロンジェ。超高級な羊革。触り心地は最高ですが、あまりに柔らかく、怖くて使えそうにないです。

f:id:akiramei:20180814203734j:plain

 

これで手持ちの8割くらいでしょうか。めぼしいところは大体入手したので、新しいものを開拓したいですね。

ネット巡回

10インチのSurface Goは、10.5インチiPad Pro用レザースリーブに入る?と聞かれたので試してみました。 | 国立商店BLOG

入るけど、ギリギリアウトっぽい。

 

「紐財布」愛しや - ル・ボナーの一日

紐財布が完成。ル・ボナーさん以外であまり見かけない形。

 

ル・ボナーさんの紐財布、素晴らしき彩とりどりにカラフルな世界です!! | CIRCLE OF CIRCUS(南青山CIRCLE BLOG・サークルブログ)

サークルさんにも入荷。12色揃っているのは圧巻です。あと、ネイビーは前ロットので内装の革がバングラヌメ。今回のはバングラキップ。個人的にはこの形は柔らかい方が良い気がしているので、キップの方をお勧め。

 

three2four | 総手縫いオリジナル革製品

8/13-14 黒桟革のノートの作りの紹介。

 

C.O.U.京都店6周年記念・ヌバックパイソンシリーズについて 3 | Blog/Staff Information|C.O.U.-WILDSWANS(ワイルドスワンズ)直営店

京都店6周年記念のヌバックパイソンシリーズの紹介の続き。実はヌバックにあまり興味を持っていなかったのですが、少し前に買ったクロコのヌバックがとても良かったので、これも気になります。

 

コンパクトなオススメBag&Wallet | SLOW – スロウ 公式サイト | 革製のバッグ、財布 等の製造販売

ミニウォレットと小ぶりなショルダーバッグの紹介。

 

ネット巡回

Fugee 鞄話色々: 紺色のPM40

ふっくらとした形のブリーフケース。私も好みが変わってきて、最近は金具の少ない柔らかい感じの鞄を好むようになりました。

 

» 10th Curious ① CORBO. コルボ オフィシャルサイト

オリジナルの国産牛革を使ったアイテムの紹介。

 

今年のお盆は最短当日発送しています!(配送受付時間に関するご案内) | 国立商店BLOG

お盆期間中の配送の案内。

 

物持ちスタッフRがバッグをセミオーダーしてみた。続き。 | ブログ|piccino-ピッチーノ- 日本製本革鞄のバッグ販売・セミオーダー

スタッフによるセミオーダーの紹介の続き。ブログを見たお客さんからオーダーがあったそうです。オーダー紹介だと、こだわりのポイントが良くわかるので、購入の参考になるかも知れませんね。

 

three2four | 総手縫いオリジナル革製品

8/13 黒桟革のシンプルなノートカバー。詳細は明日以降。

 

オブレな日々 - ル・ボナーの一日

コロンとしたフォルムが特徴的なショルダーバッグのオブレが完成。今回は価格据え置きでしたが、次回からはシュランケンカーフの値上がりが反映されるので注意。

 

ル・ボナーさんのオブレ、心魅かれるラインナップで揃いました!! | CIRCLE OF CIRCUS(南青山CIRCLE BLOG・サークルブログ)

サークルさんにも入荷。ブログでも触れていますが、シュランケンカーフのブルーが実は非定番色なんですよね。ブルーなんて基本中の基本的な色なので、え?となります。

 

革財布・鞄・ケース等フルオーダーからセミオーダーまでの特注品 No.151〜200 【TENZERO】

特注品にゴールドの山羊革のラウンドファスナー長財布が追加。174個の鋲も。

 

鞄のアトリエ エスペディエンテ - 今年初めに新たにデザインを見直しした『名刺入れ』。 お客様のお声から、... | Facebook

リニューアルした名刺入れ。

 

double oil -rucksack- | SLOW – スロウ 公式サイト | 革製のバッグ、財布 等の製造販売

栃木レザーのリュックサック。

 

 

今日から盆休みなので、玉川高島屋までお出かけ。「TOKYO 再発見」イベントを覗いてきました。Flathorityさんは、ル・ボナーさんの残心シリーズなどを製作しているので知ってはいるけど、意外とイベントに参加する機会が無くて…