散財日記

散財の記録

エルメスと同じ革

お店を色々回っていると、この鞄はエルメスと同じ革を使っているという説明を受けることが結構あります。本当にそうなら良いのですが、どうみても違うだろう、みたいなこともあり、ツッコミを我慢するのに苦労します。

 

フランスにつてがあって、HAAS社の革を取り寄せているとかは、うそ偽り無く同じ革でしょう。シュランケンカーフなどエルメスでは別名になっている革の場合、間違いではないけど、エルメス向けのとはグレードがかなり違うんじゃないかな?とは思います。

 

よく分からなかったのは、国産のタンニンなめし。これがどういう意図でエルメスと同じとなったのかが、さっぱり。怪しげなお店なら、適当なことを言っているだけで済ませるのですが、そういうお店でもなかったんですよね…